畜生は畜生

猫 畜生

HOME  > 畜生は畜生

畜生は畜生のページ

スポンサードリンク
  「開運ペットの捨て猫」は、私の家の猫のサイトです。
  どしゃぶりの雨の中、本屋さんの裏にいた、小さな小さな生まれて間もない猫。
 その名は、ミュウ。
 娘のともだちに拾われてなぜか我が家へ・・・家族のみんなが振り回されっぱなし ! にぎやかな家庭へと導いてくれるのか? 君はもしかして招き猫 ?
    このサイトでは、我が家にいる生まれて間もなく捨てられていた猫についてつづってみたいとおもいます。
 写真とともに、家族みんなの生活ぶりと関連しながら楽しくご紹介できたらと思っています。
 また、開運・ペットに関するいろんなご紹介をしています。



  猫は、いつ豹変するかわからないということ〜興奮しているときには暴れるのでそのことを理解したうえで飼わなければいけません〜
しょせん畜生は畜生か ?
  このページでは、猫はしょせん畜生だということをわかったうえで飼おう !! 我が家でおばあちゃんが大変だったことから畜生は畜生についてつづっていきたいと思います。

 

【畜生は畜生】 (しょせん畜生は畜生か?)
 
 夜中に門を閉めようと、おばあちゃんが出たすきに飛び出てしまいさあ大変。
 真っ暗なので、猫もおびおびしているのでしょう。
 やっとの思いでおばあちゃんが捕まえると、引っかく、噛む噛むで、
またわるいことにおばあちゃんが噛まれたのに痛くてびっくりしてしまい、うでをひいてしまった。
 そこらあたりに血がとんで、洗っても血がとまらない。
 みごとに、ピシッとザクッと切れている。
 おーこわー。しょせん畜生は畜生か?
 
 
 
  暗いところでは要注意 !!
 
 予想外の出来事に遭遇し、錯乱状態に陥ったときに極度に恐怖を感じ、暴れることがあります。
 しかし、他の動物とくらべても特別に興奮する動物ではありません。
 猫は、もともと夜の暗い時間帯にねずみを獲ってたべていました。
 そのため、夜になると血がさわぎ興奮するのでしょう。
 暗闇でパニック状態になると暴れるようです。
 
いぬのきもち・ねこのきもち
開運ペットの捨て猫〜TOP
 

 
HOME
Copyright(C)開運ペットの捨て猫All Rights Reserved
  カテゴリー  *@*   *A*    *B*   *C*