猫ゴロゴロ

猫 ゴロゴロ

HOME  > 猫ゴロゴロ

猫ゴロゴロのページ

スポンサードリンク
  「開運ペットの捨て猫」は、私の家の猫のサイトです。
  どしゃぶりの雨の中、本屋さんの裏にいた、小さな小さな生まれて間もない猫。
 その名は、ミュウ。
 娘のともだちに拾われてなぜか我が家へ・・・家族のみんなが振り回されっぱなし ! にぎやかな家庭へと導いてくれるのか? 君はもしかして招き猫 ?
    このサイトでは、我が家にいる生まれて間もなく捨てられていた猫についてつづってみたいとおもいます。
 写真とともに、家族みんなの生活ぶりと関連しながら楽しくご紹介できたらと思っています。
 また、開運・ペットに関するいろんなご紹介をしています。



  猫は、ゴロゴロと言ってよって来る〜喉をなでると鳴らす〜
  本当に気持ちよさそう〜頭や顔をこすりつけながらゴロゴロと鳴らすのはなぜ ?
  このページでは、ゴロゴロと喉を鳴らす猫についてつづってていきたいと思います。

 

【猫ゴロゴロ】(ぐうーッ、ぐうーっと言って寄ってくる)
 
 ぐうーッ、ぐうーっと言って寄ってくるのは、たまらなくかわいいのです。
 気分がいいときとか、何かをおねだりするときなどにいいます。
 ねこといると癒されるのは、この鳴き声にもあり、人を癒す効果があるように思います。
 のどをなでると、ゴロゴロ(私には、ぐうーッ、ぐうーと聞こえる)と言います。
 もともとは、お母さんに甘えてお乳をほしがるのきの声のようです。
 お乳を飲みおなかがいっぱいになると、満足したときに鳴らします。
 気持ちがよいときなどにも言い、喉を鳴らすことで仲間や人に気持ちをつたえようと、コミュニケーションをとろうとしているそうです。
 頭や顔をこすりつけながらゴロゴロといっているときは、飼い主に甘えているときやかまってほしいのでおねだりしているときなどに鳴らしています。
 本当に気持ちがよさそうですが、どのようにしてならしているのでしょう。
 また、ケガをしたり病気になったりして苦しいときにも鳴らすことがあるそうです。
 

    
いぬのきもち・ねこのきもち
開運ペットの捨て猫〜TOP
 
 
HOME
Copyright(C)開運ペットの捨て猫All Rights Reserved
  カテゴリー  *@*   *A*    *B*   *C*