ねこの環境

猫 環境

HOME  > ねこの環境

猫の環境のページ

スポンサードリンク
  「開運ペットの捨て猫」は、私の家の猫のサイトです。
  どしゃぶりの雨の中、本屋さんの裏にいた、小さな小さな生まれて間もない猫。
 その名は、ミュウ。
 娘のともだちに拾われてなぜか我が家へ・・・家族のみんなが振り回されっぱなし ! にぎやかな家庭へと導いてくれるのか? 君はもしかして招き猫 ?
    このサイトでは、我が家にいる生まれて間もなく捨てられていた猫についてつづってみたいとおもいます。
 写真とともに、家族みんなの生活ぶりと関連しながら楽しくご紹介できたらと思っています。
 また、開運・ペットに関するいろんなご紹介をしています。



  猫は、どのような環境がいいのかなあ〜たまにはひなたぼっこをしたほうがいいのかなあ〜
窓の外の鳥や虫を見つけると「ニャーン、ニャーン」と小刻みに鳴くのはなぜ ?
  このページでは、健康で豊かな暮らしができるねこの環境についてつづっていきたいと思います。

 

【ねこの環境】 (だっこして散歩)
 
 家の中で飼っているので、たまには日光浴に出してやります。
 きょうは、お家の裏あたりを少しだっこして散歩に連れて行ってやろう。
 さあ、おいで。
 なかなかこないが、すごく行きたそうです。
 右腕でまくようにして、抱き上げ、左手でしっぽの付け根ごとおしりを持ち上げるようにし抱くのが私の秘伝のコツですよ !!
 引き戸を開け出るときに私が開けるのを手伝うように、いっしょに手で引こうとします。
 この時は、外へでたそうですし、とてもうれしいのでしょう。
 散歩する間じーっとしいるので、みんながどうしてだろうと不思議がっています。
 やっぱり外へでたーいのです。
 だっこをすると興味深く辺りをじっとみつめてじっとしていますよ。
 でも、ちょっとした油断で手に爪を立て、
噛み付いてするーっとにげてやろうといつも思っているような動きをします。
 このときに、爪を立てるので立てられた手を動かすと切れてしまって大変なのです。
 ザクッと切れてしまうので要注意です。
 爪を立てたときは、そのまま動かさないで。
 立ったままでしょうがないですのでね。立っているのが抜ければしめたもの、
 家の戸の中に入れて最後に抜くようにもっていってくださいね。これがコツです。
 すると、さっとどこかへかけていきます。
 音には,敏感です。
 車や重機などの音がすると逃げようとしたり、頭をまるめて怖がります。
 
 
  ねこの環境
 
 ねこはおもったまま気ままに行動しますが、外の景色が見えないところでは、欲求が満たされず、寝てばかりになったりします。
 ねこが遊べる場所は出きるだけ多いほうがよく、たびたび名前を呼んで声をかけて、遊んであげましょう。
 ねこは、もっとも気を許しているひとに顔や頭をすりすりしてくるとも言われています。
 このようなときは、ねこには、ビタミンの活性にひなたぼっこも大切なので、できれば、毎日、だっこして散歩などをすると、コミュニケーションがとれていいです。
 また、外が良く見える場所は絶対に必要です。
 鳥が木にとまっていたり、虫が飛んでいるのを観たり、鳴き声が聞こえたりすると「ニャーン、ニャーン」と小刻みに鳴いています。窓のそとにいるのを見つけるとものすごく興味を示します。
 捕まえたいとおもっているのか、もっと近くで見たいとおもっているのか、興奮して鳴くのでしょう。
 外の景色や鳥や虫を眺めることは、ねこにとっては暮らしの中でのいい刺激となります。
 こういった感情豊かに暮らせるように、適度に刺激を感じられる環境づくりは、
ねこの健康にとっては、とても大切です。   
 
 

いぬのきもち・ねこのきもち
開運ペットの捨て猫〜TOP
 
 
HOME
Copyright(C)開運ペットの捨て猫All Rights Reserved
  カテゴリー  *@*   *A*    *B*   *C*