猫名付け親

猫 名前

HOME  > 猫名付け親

猫名付け親のページ

スポンサードリンク
  「開運ペットの捨て猫」は、私の家の猫のサイトです。
  どしゃぶりの雨の中、本屋さんの裏にいた、小さな小さな生まれて間もない猫。
 その名は、ミュウ。
 娘のともだちに拾われてなぜか我が家へ・・・家族のみんなが振り回されっぱなし ! にぎやかな家庭へと導いてくれるのか? 君はもしかして招き猫 ?
    このサイトでは、我が家にいる生まれて間もなく捨てられていた猫についてつづってみたいとおもいます。
 写真とともに、家族みんなの生活ぶりと関連しながら楽しくご紹介できたらと思っています。
 また、開運・ペットに関するいろんなご紹介をしています。



  猫には、イメージ通りの名前がひらめく不思議なものが〜大嫌いな猫の名付け親に !!
  ペットを飼うということの大変さ〜大嫌いな猫にかわいそうだと思い愛情がわくのはなぜ ?
  このページでは、うっかり発言がきっかけで名付け親となった大嫌いな猫についてつづってていきたいと思います。

 

【猫名付け親】(なんだか変な雰囲気)
  
 家族がそろってしーん・・・・・なんだかとても変な雰囲気です。
『どうしたん?』 と長女に聞いてもしらんぷり。 女房と次女は、別の部屋にはいったまま。
部屋のドアを開けるとそこには・・・・・・ダンボール箱のなかにびしょびしょに濡れた、小さな小さな生まれたばかりのねこがいました。あーやばい ! みんなの視線が、私の言うことを察知していて、どんなことを言われても飼うんだという気持ちがひしひしと伝わってくるではありませんか。
 ペットを飼うということはとても大変です。無くなったとき、かわいそうなので二度と飼いたくなくなります。
 犬、小鳥、九官鳥などいろんなペットを飼っては、事故にあってなくなったり、逃げたり、寿命になったりと
かわいそうなので二度と飼わないぞと決めていました。
 中でも、私が特別に大嫌いなねこなので、ぜったいにだめだと言いつづけていたのですが・・・・・
見たとたん『みゅうみゅう』と言ってしまい、その瞬間、女房が『あっ、私が思っていたイメージの同じ、娘もいいねー』となってしまい、結局のところは、私が名付け親となってしまいました。
 大嫌いな猫との生活ぶりを楽しく紹介していきたいと思っていますので楽しみにしてくださいね !!

    
いぬのきもち・ねこのきもち
開運ペットの捨て猫〜TOP
 

 
HOME
Copyright(C)開運ペットの捨て猫All Rights Reserved
  カテゴリー  *@*   *A*    *B*   *C*