ねこの目

猫 目

HOME  > ねこの目

猫の目のページ

スポンサードリンク
  「開運ペットの捨て猫」は、私の家の猫のサイトです。
  どしゃぶりの雨の中、本屋さんの裏にいた、小さな小さな生まれて間もない猫。
 その名は、ミュウ。
 娘のともだちに拾われてなぜか我が家へ・・・家族のみんなが振り回されっぱなし ! にぎやかな家庭へと導いてくれるのか? 君はもしかして招き猫 ?
    このサイトでは、我が家にいる生まれて間もなく捨てられていた猫についてつづってみたいとおもいます。
 写真とともに、家族みんなの生活ぶりと関連しながら楽しくご紹介できたらと思っています。
 また、開運・ペットに関するいろんなご紹介をしています。



  猫は、目が変化することが多いですね〜暗闇で目が光るのは不思議〜
どんな目のときは、どんな気持ちなの ?
  このページでは、我が家のねこの目についてつづっていきたいと思います。

 

【ねこの目】 
 
 あーがり目、さーがり目、くるっとまわってねーこの目というくらいねこの目は変化がおおいです。
 明るいところでは、黒目が縦に細長くなり、暗いところでは、黒目がまんまるになります。
 暗いところで目が光っているのも不思議ですね。
 興味があるものをみつめているときは、黒目は大きくまんまるになります。
 しかし、獲物にねらいを定め攻撃する直前は、瞳孔は一瞬縮んで、細くなるようです。
 なにかに期待をしているときや驚いたり、興奮したり警戒しているときにも黒目はまん丸になります。
 目を細めたりとろーんとしている時は、安心してリラックスをしているときです。
 不思議なことに、いろんな視線のときがあり、ねこの目には気持ちが表れています。
 どういった目のときには、どんな気持ちなのかなあー。
 
 
  ネコの目
 
 暗いところにいると、自然に光の量を調節しようと働き、目の網膜の奥にある薄い膜で反射し、
多くの光を取り込もうとして瞳孔がひろがる仕組みになっているそうです。
 多くの光を神経に伝達し目が光って暗くても見えるようになっているようです。
 飼い主をじっと見つめているときは、餌をちょうだいといっていることも多いようです。
 目ヤニがでていることがよくありますが、ティッシュなどで取ってやるとよいです。
 ねこの視力は、ほとんど見えていないくらい弱いそうで、
光と反応の敏感さでよく見えていると思えるように行動をしているようです。
 また、黒目の周りにある目の色はメラニン色素によって青色・うすい茶色・緑色・黄色(銅色)の4色に分けられるそうです。
 生後3ヶ月くらいまでは、色素量がすくなく青い色をしていますが、成長とともに色素が安定し色が変わるそうです。
いぬのきもち・ねこのきもち
開運ペットの捨て猫〜TOP
 

 
 
HOME
Copyright(C)開運ペットの捨て猫All Rights Reserved
  カテゴリー  *@*   *A*    *B*   *C*